読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカジャバをジャバジャバ

世間の出来事のうちのごく一部について、周回遅れで書くブログです。基本的にはゲームのブログではあります。

記事カテゴリから、ゲームタイトル毎の投稿を絞り込む事ができます。
基本的にはネタバレを気にしていませんので、その辺りが気になる方の閲覧はお勧めいたしかねます。
また、記事内にいい加減なCSSを使用する場合がございますので、パソコン以外からの閲覧もあまり得策とは思えません。

Valthirian Arc2攻略 学園だより1号

Valthirian Arc

Valthirian Arc2関連のアクセスが妙に増えていたので 「Valthirian Arc2 攻略」 で検索してみたらこのブログしか出ませんでした。なるほどそういう事か。 (Flashゲーム紹介のサイトは別として)
せっかくなので、もう少しこのゲームについて書いてみましょう。

今回は、前回書かなかった事について少し触れてみたいと思います。
 ・前回の記事はこちら:「Valthirian Arc」 攻略・翻訳 - 基本操作編 - モカジャバをジャバジャバ

学園長からの挨拶

寒気厳しきおりでございますが、皆様におかれましては益々のご健勝のこととお喜び申し上げます。
当学園もお陰様で順調に規模を拡大し、生徒たちへの指導内容もより一層充実してまいりました。
今月は特に、教室数を大幅に増やす事ができたため、より多くの生徒の受け入れが可能になりました。
昨今は学園内が賑わっていく様子を教員共々喜ばしく眺める時間が、私の何よりの楽しみです。

まるで双子のようなGefalt君とLucinaちゃん。いつも仲良くクエストに挑んでいます
f:id:Alle_gra:20140109175016p:plain

また、生徒たちの憩いの場として新しく食堂と購買部が完成致しました。
購買部の東洋風麺類入りホットドッグが生徒の間で大人気のようですが、すぐに売り切れてしまうため、私自身今まで一度も購入する機会に恵まれずいる事だけが目下の懸念事項です。

画像は先月のものであり、現在の教室はLv3へのアップグレードが完了しております。
f:id:Alle_gra:20140109175015p:plain

学科長からの挨拶と今後の方針について

先ほどの学園長からの挨拶にもありました通り、現在も我が校は設備、指導内容ともに拡充の一途を辿っており、今後とも誠心誠意、保護者の皆様からお預かりした大事なお子様の指導にあたらせて頂く所存でございます。

さて本日は何人かの保護者の方よりご質問頂いている上級クラスの開設と進学要件についてこの場をお借りして回答させて頂きます。
入学前パンフレットに記載させて頂いていた上級クラスの開設につきましては現在、一般教室の増築を優先的に行っている状況ですのでもうしばらくお待ち頂ければと思います。わたくしども教員としても生徒の皆さんに一日も早く専門的な学習を開始し、より一層の力をつけて欲しいと考えておりますのでご安心ください。

併せまして上級クラスへの進学条件についても説明させて頂きます。
現在教員どもの間でも審議を重ねているところではございますが、基本的には生徒の皆さんの資質に応じた進路指導をさせて頂く予定です。
入学試験の段階で優秀な成績を残されたお子様に関しては、現在緑色のラベルを付与しておりますが、これは上級クラスへの進級を保証するものではなくまた、進級試験の際の基準に採用する予定もございません。あくまで生徒の皆様の能力を基準に進級試験を行っていく予定ですのでご理解ください。

今後生徒間でのさらなる学習意欲の向上のために、ひとつ上のランクとして青色のラベルと、一番上のランクとして黄色のラベルを用意させて頂く予定です。
来月、我が校の図書部門より対応ランクの参考書を刊行致しますので、今後のご入学をお考えのご家庭での学習に役立てて頂きたく存じます。
成績審査の際、生徒の皆さんの容姿性別が加味されているとの噂が一部でございますが、全くの事実無根であり我が学園では今後ともあくまで純粋に生徒の皆さんの努力と学習成果を基準に試験と審査を行ってまいりますのでご安心ください。

我が校で初の緑ラベル獲得を果たしたLaraちゃん。成績一位を独走中です。
f:id:Alle_gra:20140109175012p:plain

クエストだより

このコーナーでは、生徒さんたちがクエストで頑張ってる様子をおとどけします。
今回のクエストだよりは、一期生のFargo君、Marce君、Rush君と、二期生のLaraちゃんのはじめてのクエストの様子です!

f:id:Alle_gra:20140109175014p:plain

四人のはじめてのクエストは、スライム (っぽい何かなんですけど名前は忘れちゃいました) 退治でした。一期生の男の子たちが、次々と襲いかかるスライム (っぽいやつ) をバッタバッタ!後輩のLaraちゃんに先輩の威厳を~っていけば良かったんですけど、残念ながら……。
それでも、なんとかクエスト完了までは踏ん張ってくれました!
たくさん勉強して、立派なKnightになって、今度は女の子をしっかり守れるようになれるといいですね!

飽きた

すいません、何か調子乗って学園だよりとか言ってみましたけど分かりにくいです。
あと思ったよりネタが出ないのと飽きました。
あまりにも冗長にすぎたので、以下に今回の記事の内容をまとめておきます。
ここまで一生懸命読んでくださった方は、お疲れ様でした。

まとめ

  • 生徒にはランクがある:レアリティと言い換えても良いかも知れません。
    (デフォルト)<  の順で能力値が高くなります。
    大体、Lv30のの生徒との生徒を比較すると、ステータス総合値に300くらいの差が出ます。
    生徒のランクは入学 (Recruit) 時に決定されます。その後変更はありません。
    Premium Recruitで出現する生徒は高ランクの可能性が高いのですが、まあ運です。
    ぶっちゃけ、ステータスは (やり込む気があれば) 後でいくらでも上げる事が可能なので、生徒を選別する場合はステータスよりも性格を重視したほうが良いのかも。
  • 序盤の運営方針:今回、新しいデータで始めてみました。生徒がLv11超えたのにまだ転職用の教室を用意してませんが何とかなってるので、本当、どんどん教室増やしちゃって問題ないかと思います。でも、食堂と購買部と図書室は趣味で真っ先に作りました。
    あと、装備は生徒がLv30になるまで買わなくていい。

生徒のランクの事とか、具体的な運営状況なんかは前回書かなかった事ですが、ぶっちゃけ今回も些末事にとらわれたおかげで大したこと書いてない気がします。

とにかく、何かこんな感じ (脳内設定) で楽しんでます。