読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカジャバをジャバジャバ

世間の出来事のうちのごく一部について、周回遅れで書くブログです。基本的にはゲームのブログではあります。

記事カテゴリから、ゲームタイトル毎の投稿を絞り込む事ができます。
基本的にはネタバレを気にしていませんので、その辺りが気になる方の閲覧はお勧めいたしかねます。
また、記事内にいい加減なCSSを使用する場合がございますので、パソコン以外からの閲覧もあまり得策とは思えません。

「Valthirian Arc」 攻略・翻訳 - 基本操作編

Valthirian Arc

Valthirian Arcって書いてますが、正確には「Valthirian Arc2」ですね。
まあいいでしょう。

アカデミー運営RPG Valthirian Arc 2:フラシュ - 無料フラッシュゲーム
魔法学園経営シュミレーションです。
生徒を操作するタイプのクエストと、生徒を派遣して時間経過を待つタイプのクエストをこなしながら優秀な生徒を選別したり、学園を大きくしたり王国の危機を救ったり (多分) するゲームです。

ボリューム的には、休日に1日やってたらひと通りの遊び方はできるくらいですが、クエストのラスボスを倒そうと思ったらもう少し時間が必要かも。
潜在能力の低い生徒が少年漫画ばりの頑張りで妙に成長したり、兄弟姉妹が入学してきたり (生徒名がランダムなので、ごくまれに名前や苗字が被る) 、卒業生が講師として学校に戻って来てくれたりとかして結構楽しいんですよ、これ。

そんな訳で、ちょっと流行ったらいいなと思いつつ紹介です。

上手く起動できない場合は、ブラウザをChromeにしたり、こちらからダウンロード版を入手してプレイすると良いかも知れません。うちのFirefoxでは動作しませんでした。

[Build] 施設を建てよう

f:id:Alle_gra:20140103221556p:plain
空き教室など (蜘蛛の巣張ってる…) をクリックすると、施設を建てることができます。
クエストに出ていない生徒は基本的に学園内をウロウロして、各種施設を利用しながら勉学に励みます。
生徒がどの施設を利用するかはランダムのようですが、生徒が施設を利用する際、施設に設定されたボーナスを獲得するので、資金が溜まったらどんどん建てると良いでしょう。

SS右下に表示されているメニューは、施設建設後に電球マークのアイコンをクリックすることでいつでも確認が可能です。
施設レベルは、建築後に条件を満たしていればUPさせる事ができます。

いくつかの施設は、建設後に担当者を設定することが可能です。
例えば教室に講師を配属すると、講師の能力に応じたボーナスを獲得できます。
(施設担当者欄右上の[+]マークをクリックすると、担当者を配属できます。マークが出ていなかったらそこは担当者を置けない場所)
生徒の獲得Expが増える講師、学園の獲得APが増える講師、生徒のステータスを上げてくれる講師などなど効果は様々。月給を払う必要がありますが雇って損は無いかと思います。

講師は卒業生の中から選ばれる事もあるので、優秀な生徒を卒業させて後輩の指導を務めてもらうというのも良いでしょう。卒業生の名前を覚えておくと、たまに講師一覧に現れて嬉しい気持ちになります。
(Lv30かつ能力値の高い生徒は卒業後、ステータスUP効果のある講師になってくれるかも)

序盤はまずは教室を建てて、生徒の収容可能数を増やすと良いと思います。

[Students] クエストに行こう

f:id:Alle_gra:20140103221557p:plain
クエストを選択すると、こんな画面が出るかと思います。
クエストに出したい生徒を選んで、 「Embark」 を選択すればクエスト開始です。
(上の方のタブをクリックする事で名前順かレベル順でソートできますが、タブをもう一度クリックすると昇順降順を入れ替えられます。デフォルトで名前順になってるのは不便だからやめて頂きたい。)

通常クエスト (Huntタブにあるヤツ) ならそのまま出発。派遣型のクエストなら、規定の日数 (大体は1週間~4週間。期間はクエスト選択画面で確認できます) が経過するのを待ちましょう。
大体は、通常クエストに行って帰って来ると1週間が経過する (期間はクエスト選択画面で確認できます) ので、派遣クエストと平行して進めると良いかも。

ちなみに、Embarkは ”出発する” みたいな意味だそうです。

ステータスについて

画像作るのが面倒だったのでここにまとめてしまいますが、右上の 「Menu」 から ”Students” を選ぶと、似たような画面が出て生徒のステータスを確認したり、生徒に装備を持たせたりできるようになります。
何か装備させたい時は、ステータス画面の武器防具のアイコンをクリックすれば装備を選べます。
(クエストに行き詰まった時かLv30まで行った時くらいしか装備は考えなくて良いと思う)

生徒のステータス画面からできる事についてざっくりまとめると以下のようになります。

  • 特技: 生徒のJobごとに決まってます。
    自動で発動するものと、戦闘中にゲージがたまると使えるようになるものがアリ。
  • 性格: 入学時に自動的に決定されます。効果は自動的に常時発動します。
    種類と内容についてはこちらのコメント欄とかを参照のこと。
  • APボタン: APを消費して、生徒のレベルを1つずつ上げる事ができます。
    他にAPの使い道は無いので、余ってたらどんどん使って良いかも。
    ドーピング?学長の特別指導?
  • 卒業: 上の画像には表示されていませんが、Lv11以上の生徒は任意のタイミングで卒業させる事ができます。学長権限の濫用なんじゃないかと思わなくもない。
    条件を満たすと、生徒名の右上に卒業ボタンが出現します
    生徒を卒業させると、資金や名声を沢山獲得できます。
    成績の悪い生徒はどんどん卒業の刑に処しましょう。
  • 進級: というかジョブチェンジですね。
    生徒はLv11以上で2次職、Lv21以上で3次職へのジョブチェンジが可能です。
    ジョブチェンジのためには、対応した教室が設置されている必要があります条件を満たすと、生徒名の左下あたりに進級ボタンが出現します
    Lvが上がった生徒はどんどん進級させましょう。
  • 名前の変更: 生徒名の左あたりにいつも出ているアイコンは、生徒名変更のためのボタンなので、進級ボタンと間違えないように気をつけてください。いつでも変更可能です。
    学園長ともなれば戸籍の改ざんなど簡単です。

(私感ですが、進級の目安として大体Lv11時点でPhy、Dex、Intのどれかが200付近、Lv21時点で400付近、であれば後々も第一線で活躍できるような気がします。)

しかし、女の子は結構可愛いのに、男の子はどうしてみんな軽くアヘ顔三白眼なんだ。

学園を運営していこう (メイン画面の見方)

f:id:Alle_gra:20140103230127p:plain
名声ポイントを貯めて、アカデミーレベルが上がると使える施設が増えたりします。
で、どんどん学園を大きくしていくのが序盤の主な作業になるかと。
在学生は100人まで増やせるらしいのでどんどん増やすと良いと思いますが (多分、在学生の数に応じた収入があるっぽい) 在学者数50人辺りからは管理が追いつかなくなって、生徒の自主性に任せる羽目になります。でもどんどん増やすと良いと思いますよ。

新入生を募集しよう

右上の 「Menu」 から ”Recruit” を選ぶと、生徒の募集を行う事ができます。
最初の一人は無料なのですが、次からは500G、その次は1000G、2000Gと倍々の金額が必要に。
ただし、1ヶ月経過するとリセットされ、また無料で生徒募集ができるようになるので、序盤はクエストをこなして時間を進めながら安めの生徒を集めて在学者数を増やして行くといいでしょう。
生徒のステータスは完全ランダムで決定されるので、才能のある生徒を見つけるにはとにかく数をこなすしかありません。
Premium Recruitは10,000Gが必要になりますが、素質の高い生徒が見つかる可能性が高くなります。
(後々は資金とかカンストしっぱなしになるので、Premiumの生徒いっぱい+月々一人無料で入学……みたいな、なんかそんな漫画あったよなぁみたいな成金学園になります。最近だと希望ヶ峰学園とか)

しかし生徒募集に、学園側の金がかかるってどういう事なんでしょうね。
もしかしたらこの学校は、入学金を学校が負担しているのかも知れない。意外と良心的な学校かも。

クエストをクリアしよう

f:id:Alle_gra:20140103221555p:plain
通常クエストが開始すると、こんな画面になります。
クリックするとリーダーキャラが移動します。後のメンバーはついてきて勝手に戦闘します。リーダーキャラは数字キーの[1]~[4]で入れ替え可能。この辺のイメージ的には聖剣伝説とかああいう感じです。

必殺技ゲージが溜まったら、手動で発動させてやる必要がありますが、3次職とかになると自動発動するスキルも覚えます。リーダーキャラは、敵をクリックしてやらないと攻撃しない時が多々あるので注意。

「アイテムを見つけろ」 とか 「目的地まで行け」 みたいなクエストの場合は、別に敵を倒さなくてもクリアできるので、クエストの目的には注意するようにしましょう。 (ってJeanneさんが言ってた)


ざっくりとこんな感じです。
生徒のレアリティとか、その他突っ込んだ話はまた気が向いたら。
それでは良い学園生活を!
日本でこういうゲームが出ればいいのに!