読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカジャバをジャバジャバ

世間の出来事のうちのごく一部について、周回遅れで書くブログです。基本的にはゲームのブログではあります。

記事カテゴリから、ゲームタイトル毎の投稿を絞り込む事ができます。
基本的にはネタバレを気にしていませんので、その辺りが気になる方の閲覧はお勧めいたしかねます。
また、記事内にいい加減なCSSを使用する場合がございますので、パソコン以外からの閲覧もあまり得策とは思えません。

変なライブイベント 「地下室LIVES」 がクラウドファウンディング目標達成

バンド紹介薀蓄+youtubeという、暇つぶし最強コンテンツの体裁を確立している 「地下室TIMES」 というサイトをご存知でしょうか。
最近では、ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン→劇場支配人のテーマ→THE PINBALLS→地下室TIMESという経路でごく一部の、つまりニンジャヘッズ内での知名度が高まりつつあるアレです。

basement-times.com


これがまた変わったサイトで、一見して音楽情報メディアっぽいサイトかと思いきや、 「で?お前らはドラゲナイさんのことバカにできる立場なの?」 等という2chまとめサイト風のタイトルが踊り、xvideo等というまっとうなメディアではまず登場しない単語が平然と飛び出してくる (xvideoで知った kosheen) わ、最近売れ線のバンドと同列に妙にマニアックな古いバンドというかむしろ人生よっぽど踏み外さないと辿り着けないようなバンドが取り上げられてるわで混沌。更に、記事内では真面目にバンドの紹介をやっていたり、かと思えば読者を全力で置き去りにするマニアックな音楽ネタが延々と繰り広げられたり、下半身事情をネタにしたり、赤裸々に性癖を語ったり、バンド追っかけ女子に向かって呪詛を吐いていたりする
サイト全体としては、寄稿者が根暗のサブカルオタクもしくはバンドマン崩れ・音楽が好きなダメ人間である事を隠しもせず全面的に押し出してくるかのように自虐的な作風の……
つまり、繰り返すようですが、とても変なサイトです。

そんなサイトがクラウドファウンディングで200万円集めきったそうです。
これは凄い話だなあと。

その企画がこちら。
地下室TIMES寄稿者イチオシの、良いんだけど売れてないアーティストを集めてライブをやろう、ついでに何か色々新しい事もやってみよう、みたいなイベントです。
基本的にはライブイベントの模様。
やたらと耳と脳に残るし北海道出身という事で無性に応援したくなる 「最終少女ひかさ」 の出演に注目しています。

www.muevo.jp

電車移動中なんかに主催者、石左氏の告知を見たり、いよいよ今日が最終日だけどあと約20万かぁなんて思って眺めてみたりしておりましたが、帰宅してみたら目標金額を達成してちょっとオーバーランしてました。
クラウドファウンディング系は最終日、終了間際の数時間でグッと伸びるとは知っていました。ただ、この企画については

  • いわゆる音楽不況である
  • 出演バンドがマイナー
  • 主催元が万人受けする内容ではない

などという前提条件があったので、実現したら面白そうだなあと思いつつも、難しいんじゃないかと思っていたのでなんだかおめでたい気分です。

なんだか上手く言えませんが、時代が変わったんだなあと感じた出来事でした。
こういう小さな事件が積み重なって、やがては世界全土を電子ネットワークが覆いつくし、サイバネティック技術が普遍化した未来。宇宙殖民など稚気じみた夢。人々は灰色のメガロシティに棲み、夜な夜なサイバースペースへ逃避するようになったり、企業のネットが星を覆い、電子や光が世界を駆け巡っても、国家や民族が消えてなくなるほど情報化されていない時代に向かっていく流れとなれば良い。
できればあと5年以内に。

あと個人的には地下室TIMESの一記事の分量がもう少し増えれば良いと思っています。
折角、youtubeで楽曲を聞きながらそのバンドの面白記事を読める、という形なのに、大抵の記事は一曲聞き終わる前に読み終わってしまうのが残念でならないんです。読み終わるまでに5分以上かかるくらいのボリュームがあれば最高なのですが。