読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカジャバをジャバジャバ

世間の出来事のうちのごく一部について、周回遅れで書くブログです。基本的にはゲームのブログではあります。

記事カテゴリから、ゲームタイトル毎の投稿を絞り込む事ができます。
基本的にはネタバレを気にしていませんので、その辺りが気になる方の閲覧はお勧めいたしかねます。
また、記事内にいい加減なCSSを使用する場合がございますので、パソコン以外からの閲覧もあまり得策とは思えません。

提督就任 艦これ - 初心者による攻略メモ

艦これ

敵つよい → 艦娘のレベルを上げよう → 補給しんどい → 燃料足りない
重巡洋艦配備したらつよい → 建造しよう → 資材足りない → 燃料足りない

こんな感じの新米提督です。
このゲーム 「ブラウザゲーだし……」 とか思って何も考えずにポチポチやっているとなかなか不自由するんですね。
正直ナメてました、すみません。

メモその1:遠征は計画的

正直、出撃画面で 「この遠征が成功するとこういう資材がもらえますよ」 みたいな表記が無いので色々侮ってたというか、よく考えもせずに艦娘を遠征に出していたのですが、これが失敗でした。
ちゃんと燃料のGETできる遠征先を調べて派兵すべきだった、と気が付いたのは、初の艦娘轟沈を経てからでした。轟沈の話は後ほど。
で、色々調べているうちに、各遠征先ごとにクリアに必要な艦種旗艦の最低レベルが設定されている事を学んだ訳です。なるほどな。
それから。出撃した際に拾ってきた艦娘さんとか、建造で出来たは良いが狙いとは違った艦娘さんとか 「とりあえず育てておこうとか思って遠征部隊に組み込んでいたのが激しく無駄だったようです。
必要最低限の編成で、適切な行き先への遠征を繰り返した結果、資材が……資材が潤ってきた!

出撃できる!補給もできる!!!補給できるから帰還した第二艦隊、第三艦隊 (川内さんと那珂さんはすぐ出た) がまた遠征に行ける!!!第一艦隊は出撃できるからレベルが上がる!!!
ついでに余った資材をちょっと豪華に投入した建造レシピで重巡洋艦配備が整ってきた!!!明日くらいから戦艦レシピに手を出せる!!!
素晴らしいぞ!!!!!

みたいな感じになってきました。はい。この提督はあまりに無力で無勉強でした。

[メモ] ※詳細はwikiの該当ページなどを参照のこと

  • 海上護衛任務燃料が沢山獲得できる。弾薬も獲得できるので、この遠征を回してるだけで開発とか建造に資材を回せるようになった。
     [必須艦種] 軽巡洋艦 1駆逐艦 2その他 1 必要旗艦レベル: Lv3
  • タンカー護衛任務燃料が沢山獲得できる。ただし、時間が結構掛かる。最初に燃料を使い込んでしまった分をここで少し取り返す算段中。バケツとかも拾える。
     [必須艦種] 軽巡洋艦 1駆逐艦 2その他 1 必要旗艦レベル: Lv3
  • 長距離練習航海弾薬が効率よく獲得できる。弾薬の備蓄が怪しくなってきた時とか、燃料に余裕があって任務での必要遠征成功回数が足りない時とかに行くと良いっぽい。
     [必須艦種] 特になし ただし最低4隻必須 必要旗艦レベル: Lv2

「拾った艦娘さんを遠征に出して使い捨てにする事によって補給費用を抑える」 とか 「ギリギリまで補給しないで回そうとしてみる」 とか色々と小細工を考えたり試したりしていたのですが、そうじゃない。と。

メモその2:改装は時に厳酷に

適当な艦娘さんを「とりあえず育てておこうとか思って遠征部隊に組み込むのを辞めた時、ふと見ると、控えの艦娘さんたちがなんか色々装備を持っていたんです。
なんとなく申し訳ない気持ちになりながら装備をひっぺがし、第一艦隊の艦娘さんたちの空きスロットに片っ端から乗っけてみたらスゲエ強いなんかもう無茶苦茶強い
いやこれうちの娘さんたちじゃ無いからって言いたくなるくらい強い。凄い。ヤバイ。

今までモタモタと撃ちあっていたのが急にサーチ・アンド・デストロイ。自分の娘が急に化粧をしはじめてそれがまた上手かったりしたらこんな気持ちになるのかも知れませんね。はたまた、娘が美容室行って帰ってきたら思いっきり髪色変わっててそれがまた似合っちゃってたりとかしたら。

まあとにかく、装備スロットは埋めるべきと学んだ提督でした。

[メモ] ※詳細はwikiの該当ページなどを参照のこと

  • 単装砲より連装砲のほうが強い : ちょっとくらい口径 (と言うのか?) が小さかったとしても連装砲のほうが強い。連装砲を持っている艦娘さんが居たら剥がして第一艦隊に配備すべき。
  • 主砲+主砲 か 主砲+副砲 : 夜戦時に連撃してくれる。カットインのほうが良いとか色々あるようだけど、そこは一旦今は考えないでおく。水上偵察機をくっつけた後でスロットに余裕があればとにかく砲台乗っけとくくらいの気持ちで。

メモその3:轟沈に関する備忘録

はじめて轟沈させてしまった艦娘さんは、駆逐艦 若葉さんでした。
なんか全体的に個性的っていうか、アピールの強い艦娘さんたちの中において唯一、戦闘中に周りを気遣う台詞を連発する優しい子だなあ、とか思っていたのですが、少し強引に進軍させた結果轟沈させてしまいました。避けるだろうと思っていましたが、どうも避けきれなかったようで。
その頃はいつもギリギリの戦闘でしたが、いつも 「大丈夫だ」 と断言してくれた艦娘さんでした。
イザ轟沈させてしまうまで艦種はおろか名前さえ把握していませんでした。
せめて名前だけでも確認したいと思い、慌ててwikiを漁ったものの、そもそもどのページを見ればいいのか分からず己の愚かさみたいなものを感じて途方に暮れました。
何か、とにかくそういうゲーム、というか、こういうゲームなんだろうなあというよく分からない実感を感じながら、駆逐艦軽巡洋艦の違いについてとにかく資料を読み漁りました。ようやく、轟沈させてしまった艦娘さんが駆逐艦 若葉さんだと分かって、慌てて燃料かきあつめて探しに行きました。
そんなドタバタの間ずっと、秘書艦を務めてくれた龍田さんには散々呆れられたような気がします。
今は新しい若葉さんが、遠征部隊で頑張ってくれています。
何かそんな感じです。

あと、一応カテゴリーは作りましたが今後あまり艦これの話をするとは思えません。
万が一艦これ関係の情報を求めてこのブログに辿り着いた方は、その辺りご留意ください。