読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカジャバをジャバジャバ

世間の出来事のうちのごく一部について、周回遅れで書くブログです。基本的にはゲームのブログではあります。

記事カテゴリから、ゲームタイトル毎の投稿を絞り込む事ができます。
基本的にはネタバレを気にしていませんので、その辺りが気になる方の閲覧はお勧めいたしかねます。
また、記事内にいい加減なCSSを使用する場合がございますので、パソコン以外からの閲覧もあまり得策とは思えません。

真4の思い出について。中編 (少し攻略 - 仲魔のスキル構成についてなど)

思い出を振り返ってみるっつってもまだクリアしてないんですけどね。

最近ダンガンロンパのアニメを見ていてずっと「これって人狼?」などと思っていたのですが、やっぱり人狼を参考にした部分があったみたいですね。1の発売前情報が面白そうだったので、買ってみようかと思っていたのですがそのまま買わずに今に至る…そんな私には、アニメ版のダイジェスト感がとても嬉しいです。
原作ファンの方には不評みたいですけどね。
『ダンガンロンパ』で目指したちょっとオンリーワンなゲームができるまで【CEDEC 2011】 - ファミ通.com


さて前回の続きで、真4中盤(ナラク攻略後~無限発電炉ヤマト攻略)あたりの総括話です。


ゲーム中盤でよく使ったスキルと印象的だった仲魔について

序盤使っていたスキルをランクアップさせていけば、基本的には問題なく進めるはずです。

・アイスブレス、ウィンドブレス、ファイアブレス、放電  妖獣 ライジュウ(Lv.18)
中盤の重要スキル…というか、この辺りのスキルが登場しはじめてからが「中盤」だと思います。うちのものが調べたところによると、こちらのスキルが3回以上ヒットすると『威力:大』のスキルの与えるダメージを上回るそうなので、終盤まで持っていって良いスキルかと思います。(つまり、ダメージ量にばらつきはあるものの、与ダメージの期待値は多段ヒット系のスキルのほうが高いという事ですね)
ただ、通常戦闘時に遭遇する雑魚のHP量が増えてくるに従って『マハ~』系の大威力版を用意する必要が出てきますが、中盤では全然必要ありません。
ソウルハッカーズの時は『複数回ヒットする攻撃』というのは基本的に、使い勝手が無茶苦茶悪かったのですが(発想発破を除く)、真3で弱点属性の与ダメ量が重要になるといきなり主力スキルになりましたね。
そんな真3で、はじめて『放電』を見せてくれたのがライジュウちゃんでした。
オレサマオマエマルカジリでアホ全開、ステータスは完全に物理系なのにそのレベル帯で放電が使える唯一の仲魔、そして画面内をせわしなく動きまわり続ける落ち着きの無さ…可愛かったです。今回も放電持ってきてくれて嬉しかったよライジュウちゃん!
今回はすぐ合体させちゃったんですけどね。

・チャクラウォーク  妖魔 ディース(Lv.30)
合体材料としても、相棒としても、ディースさんには非常にお世話になりました。
アプリで補うこともできますが、それよりもスキル枠開放とかストック枠開放を優先した方がいいでしょう。チャクラウォークは終盤までお世話になりました。というか未だに使ってます。
正直、通常戦闘でMPをケチっていると死ぬので、チャクラウォークを全員に持たせたうえで常に全力でスキルをぶちかましながら歩くのが、今回の正しい歩き方だと思ってます。
ディースさんは、なんというかえもいわれぬ魅力がありますよね。
美人なんですがまさかのツルッパゲ&頭にタトゥー、よく見たら服っていうより鱗?水着?やっぱり鱗?というかそれ以前に全身真っ青ですね?
といった勢いで、全身全霊をもって異形なのですが凄い美人です。目を閉じているので、本当は美人ではないのかも知れませんが、たたずまいが、身にまとうオーラが完全に淑女で美人です。だけどやっぱりどう見ても魔物なので危険な香りがします。こちらが礼節を尽くしている限りは問題なくお付き合いできそうなのですが、ふとした瞬間理不尽な理由で牙を剥かれそうな予感を抱かせます。もしかしたら、その閉じた瞳と、一本の髪もない頭というのは、ミロのヴィーナスが両腕の不在によって獲得した美に通じる要素を、私たちの想像力の中に生み出しているのかも知れません。 という妄想だったんですよ。
真3からの再登場を果たしてくださっただけでも個人的には大勝利だったのですが、終盤のチャレンジクエストで更に登場してくださった時には思わずガッツポーズしました。

・各種プレロマ
デビルサバイバーでいうところの『●●激化』と同系統のパッシブスキルですね。
このスキルと、対応する複数回ヒットの魔法を持たせていくと、結構一方的な戦闘ができるようになります。この手のシステムは、他のシリーズにもあったっけかな…?
ともかく、プレロマ+●●ブレス(または放電)で仲魔のスキルを組み立てていく合体無間地獄が、中盤のキモといえるでしょう。中盤は本当ひたすら合体していた記憶があります。

普段、メガテンシリーズではあまり合体に凝らないのですが、プレロマのお陰でもうとにかく合体合体、素材集めて更に合体、そんな感じでした。作りこめば作りこむだけ強い仲魔ができあがるので、このプレロマっていうヤツは本当によくできたスキルだと思いました。
ちなみに、プレロマを継承させたい場合は、合体途中に精霊を挟むと楽になります。
アクアンズ、フレイミーズ、エアロス、アーシーズの精霊がそれぞれ各種プレロマを所持していますからね。物理プレロマと銃プレロマが欲しい場合は、ちょっと面倒な手順が必要になります。

思い起こしてみるとナラク攻略後しばらく、ボス戦で困ることはほとんど無くなりましたね。
その後、池袋で完全に手も足も出なくなり、ダメ元でテトラカーンを導入したらその後も問題なくクリアできるようになりました。色々なスキルが増えて、チャレンジクエストも増えて、戦略に幅が出てきて合体が楽しくなっちゃう中盤でした。食いしばりとかドーピングみたいなスキルがあると、選択肢が更に広がるので、今後もああいったスキルは積極的に用意していただきたいものです。
でも次回作ではドーピングは無くなっていそうな気がします!

そんな感じでした。終盤編に続きます。