読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モカジャバをジャバジャバ

世間の出来事のうちのごく一部について、周回遅れで書くブログです。基本的にはゲームのブログではあります。

記事カテゴリから、ゲームタイトル毎の投稿を絞り込む事ができます。
基本的にはネタバレを気にしていませんので、その辺りが気になる方の閲覧はお勧めいたしかねます。
また、記事内にいい加減なCSSを使用する場合がございますので、パソコン以外からの閲覧もあまり得策とは思えません。

真4が詰まりっぱなしなので序盤の総括。 (少し攻略 - 仲魔のスキル構成についてなど)

窓の外が真っ赤に見えるほどの朝焼けで、すわ終末かと期待しましたが
多分熱帯低気圧かなんかで雲がメチャクチャ多いせいですね。

夏バテの一種なのだとは思いますが、何もやる気が起きません。
最近、自分が「エネルギッシュであった」と思える瞬間について考えてみたのですが
どう考えてもてもそれは
”聖☆おにいさん9巻を買ってきて『ヴァルハラに富を積んでるだけだから』のシーンを読んだ瞬間”
であるようなのようです。
これはヤバい!

さてそんな中、多分2ヶ月ぶりくらいにこのブログのアクセスログを確認してみたのですが
真4についての記事を書かなくなってから (つまりプレイが中断してからという意味にもなります) ずいぶん経つのに、未だに真4について調べる過程でここへ辿り着く方が多いようで、恐縮です。
そんな訳で、更新放置&無人島サバイバルばかりでは申し訳ないですし
自分がこれから真4のプレイを再開し、ついでに周回プレイに入ろうとする準備運動も兼ねて
仲魔のスキル構成およびその運用についてまとめてみます。
以前の記事と重複する内容も出てくるかとは思いますがご容赦ください。

真4 序盤を生き抜くために必要になったスキルと印象的な仲魔について


・ 牙折り 邪鬼 イッポンダタラ(Lv.17)
はじめてこのスキルを教えてくれたのはオニちゃんなんですけどね。
真3の池袋以来、どうもオニとは月イチで飲みに行くような間柄のような気がしてなりません。
さて、序盤のボス戦はとにかく殺しにかかってくる事でネット上でも話題になりました。
こちらの性能がペーペーのうちに、ギリギリアウトっていうか完全にアウトな威力の攻撃を
ガツガツ撃って来るのが序盤のボスなので、じゃあその威力を下げてやろうという事ですね。
序盤はリカームも無いし、マッカも無いからね…。
基本的な編成は 『牙折り』係が2人+ボスの弱点属性を狙える攻撃係2人 さらに、牙折り係と攻撃係にそれぞれ1人ずつ回復魔法を持たせておけば、序盤のボス戦は全てクリアできます。
ただし、牙折り係が物理系の仲魔で更にそいつに回復魔法を持たせるとMPが枯渇してしまう事があるので気をつけましょう。回復魔法持ちのうちの一人は主人公にしてあげると安心できるかと思います。
※イッポンダタラちゃんが敵として登場するのは、中盤以降です
 単純に個人的に好きなので名前を挙げてるだけです。
 エプロンと大きなバッテンが非常にチャーミングですがマッド口調でなかったのが残念。

・ メディア、ポズムディ 天女 アプサラス(Lv.8)
天女!天女ですよ。
この種族が登場したのっていつ振りでしょう。凄く懐かしい気持ちになりました。
『幼虫 ミルメコレオ』も、なんだか嬉しかったですね。
スキルについては言わずもがな、この二つがあるか無いかで序盤の難易度が大分変わります。
最低2人くらいは、メディアとポズムディの使える仲魔を連れ歩きましょう。
「メディアはいいとしてポズムディまで持ってたらスキル枠が足りない!」という場合は
ストック内に1人、ポズムディ専用のベンチウォーマーを用意しておけば問題解決です。
それと、アプサラスさんは衝撃でしたね。
はじめて「あなたって早いのね…」と言われた時の衝撃は筆舌尽くしがたい。
あの人が予想通り悪魔になっちゃった時も、ホワイトマンにNOと言う時にも、そしてこれから先にもこの時の気持ちを忘れずに居たいものですね。

・ ラピッドニードル 妖獣 チャグリン(Lv.6)
今回、真4で面白いシステムの一つに【スキル変異】があります。
ほぼ運任せのシステムではありますが、このスキル変異で運がいいと、本来まだ入手できないはずのスキルを手に入れる事ができたりして大助かりしたりします。
仲魔からの「スキル変異させていい?」という質問にはじめて「YES!」と答えたのがこのラピッドニードルを提案された時でした。
主人公が技速系だったのもあり、ぶっちゃけ、このスキルだけで雑魚戦を乗り切り続けました。
中盤でもずっと使ってました。
そんな超主力スキルを作り出してくれたのは何とチャグリン。
ニードルショット(これも凄く使えるスキルです。MP消費が少ないのが最大の魅力)をラピッドニードルにランクアップさせるという神懸かった気配りを見せてくれたんですが、ぶっちゃけその功績を差し引いても今回のチャグリンは非常にムカつきますよね。
チャグリンにマッカ持ち逃げ、死んじゃえからのマジで全滅を食らいまくった挙句おまわりさんを呼ばれ続けたのは私だけではないと思いたいです。もうお前マジでもらせ。

これ以外のスキルは、ケースバイケースで入れ替えていけばいいんじゃないかな?
という程度の適当プレイでした。
ゲームバランス的にも、もし行き詰ったら2~5Lv上げると、状況を打破するために必要なスキルをもった仲魔が作れるようになったりしていました。絶妙なゲームバランスだと思います。
マッカが全然手に入らないのも、悪魔との交渉を更に緊張感の高いものにしてくれていい感じでした。財布を確認してから「ごまかす」コマンドを選ぶ際の緊張感。

中盤編に続きます。